2005年より、妊娠・出産・育児に特化したプログラムを開発・提供してきたママンベビーは、おかげさまで東京・神奈川の様々な地域ででたくさんのママや赤ちゃんと接してまいりました。

設立7年にしてのべ15,000人以上のプレママ・ママ&赤ちゃんと一緒にアクティビティ(ベビーマッサージ、赤ちゃんサイン、リトミックなど)を楽しみ、大変ご好評をいただいております。そんな中、たくさんの方から

「子育てに対する不安やストレスから本当に救われました。」

「ママンベビーで楽しい育児を経験しなければ、二人目を産もうとは思いませんでした」

といった声をいただき、

「うちの地域には育児支援サロンがほとんどありません。東京以外ではやっていないのでしょうか?」

「別の団体でベビー関連の資格をとったんですが、活かす場がありません」

といったような様々なご意見をたくさんいただくようになりました。

また、このところでは

「子どもが少し大きくなり、資格を身につけて活動したいです」

「将来の自分のために、育児・赤ちゃん学を学びたくなりました」

「地域でお役にたちたいので、専門家養成のワークショップを開催して下さい」

という”学びたい意欲”に溢れるメッセージをいただく機会が、急速に増えてきました。

greeting-img-2背景として考えられることは、現代では妊娠・出産・育児をめぐり、さまざまな問題が社会に覆いかぶさっているという厳しい現実。周産期医療に関わる施設や医師の不足、ワークライフバランスの問題、増え続ける待機児童、行政の育児支援に対する物足りなさ、などに加え、高齢出産の不安、育児に対するストレス・・・

そんな社会のなかで、一刻も早く、すべての女性にとって心地よい妊娠・出産・育児の支援となるような活動はできないか?と思いを巡らしておりました。妊産婦の女性に対する質の高い指導のノウハウをもっと広く提供していくことができれば・・・と考えたとき、ママンベビーの教室だけではたくさんの方にお伝えする範囲に限界があります。

であれば、ママンベビーで培ってきた「妊娠・出産・育児に関する素晴らしい知恵(ベビーマッサージ、赤ちゃんサイン、マタニティ&産後ヨガなど)を、正しくお伝える技術」をもっとたくさんの方に広めることでお役に立てるのではないか・・・という強い気持ちと使命感が湧いてきました。

そして皆様方のお力添えにより、平成21年、より子育てしやすい平和な社会になることを願い、日本育児支援協会を立ち上げる運びとなりました。幸せな妊娠・自分らしい出産・楽しい育児のスキルを正しく伝えられる質の高いインストラクターを養成し、正しい知識を持った専門家(インストラクター)が各方面・地域で活動できるような場を広げること、それこそが日本育児支援協会の考える「女性が安心して子どもを産み育てていける豊かな社会を実現できるよう支援活動」です。

m-aoki2

一般社団法人日本育児支援協会

会長 青木 みのり